税理士に関するQ&A

 

Q 税理士って何ですか?

  税理士は、税に関する国家資格です。

 

   昔は「計理士」と呼ばれていましたが、つまり「会社や個人のために、税金やお金の計算をお手伝いする専門家」です。

 

  税の専門家として、独立した公正な立場において、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命としています。

 

 <<Q&Aトップに戻る。

 

 

Q 税理士って何をしてくれるんですか?

  税理士は、「会社や個人のために、税金やお金の計算をお手伝いする専門家」です。

 

  税理士は税理士法に定められた税に関する3つの独占業務を行うことができます。

   @税務書類の作成、A税務代理、B税務相談の3つです。これは簡単に言うと、税務署などの役所に提出する書類を作成すること、納税者に代わって申告等をすること、税金に関する相談に乗ること、になります。

   また、独占業務以外では、電子申告の代理送信、会計帳簿の記帳代行、経営コンサルティング、財務・会計コンサルティング、資産税コンサルティング、相続・事業承継といった会計業務や、税務訴訟の補佐人、といった業務も行います。

 

 <<Q&Aトップに戻る。

 

 

Q 税理士と公認会計士の違いって何?

 一般的に、税理士と公認会計士はどこが違うのか?よく分からないものですが、専門分野が違います。

 

  税理士は税金会計が専門ですが、公認会計士は会計監査が専門になります。そのため、対象のお客様が違ってきます。税理士は中小企業個人の方をお客様としていますが、公認会計士は「監査を必要とする」大企業をお客様としています。

 公認会計士は、希望すれば税理士になることもできるため、公認会計士と税理士を両方やっている、という事務所もあります。

 

 <<Q&Aトップに戻る。